<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

しばらく経ってしまったけれど、先月スペインのマドリード自治大学で博士論文の審査委員を務めたときのことをまとめてみます。

なぜ審査委員をすることになったのかというと、審査される学生の指導教官(当時はまだ会ったことがなかった)からある日突然「審査委員をやってくれないかと」というメールが来たからです。よくよくもとをたどってみると、その指導教官が最初はトレントでの僕のボスに依頼をしたところ、彼が諸事情で行くことができず、僕のことを推薦してくれた、ということであったらしい。その学生自身はトレントに半年程度滞在していたことがあって、僕と一本共著論文を書いていたこともあり、僕もよく知っている人でした。彼はやむをえぬ諸事情があって博士論文を書き上げるのがだいぶ遅れてしまい、ようやく審査までこぎつけたという背景があったので、僕としてもトレント側の人間として彼の審査を見届けたいという気持ちもありました。

D論の審査というのは国によってそして大学によってそれは様々な制度の違いがあるようです。イリノイ大の場合は審査委員は指導教官を含む4人のイリノイ大の教官によって成り立っていました。イタリア・トレント大学の場合、指導教官は審査委員に含まれず、トレント大学から1人、そして他の大学から2人准教授レベル以上の地位の人が審査委員として審査にあたるようです。他の大学からの審査委員は多くの場合他国から選ばれていて、EUとも限らず、アメリカやオーストラリアから審査に来ていた人もいました。さて、スペインのマドリード自治大学の場合は、指導教官は審査委員になれず、総勢5人の審査委員が審査にあたります。僕はポスドクですが、それでも問題はないようでした。問い合わせてみたところ、「履歴を見て、審査委員にふさわしいと大学が判断すれば常勤ポストについていなくても構わない」ということでした。僕以外の4人のうち1人はフランスCNRSの所属で、これは大学ではないのですが、それでも大丈夫ということです。大学所属でなくても、常勤でなくても、まあ構わないというフレキシブルな制度ですね。

さて、審査委員に1人フランスCNRS所属の人がいると書きましたが、彼は僕の旧知の友人というか共同研究者です。審査委員の依頼が来た時、僕はイギリス・エジンバラの学会に参加していて、彼とはホテルで部屋をシェアしていました。ということで、ホテルの部屋で「お前もあいつの審査に行くのか」みたいになったのですが、彼はフランスで仕事はしていますがスペイン人で、スペインのD論審査事情にも詳しかろうと思っていくつか基本的なことは聞いておきました。彼によると、スペインでD論審査をする場合、よほどのことがなければ落ちない。落ちるレベルのD論だった場合は、審査当日に落とすようなことはせず、それ以前に何らかの形で本人に伝え、書き直すか審査を延期するかするということでした。これは、(噂によると)平気で落とされたりメジャーリビジョンになったりするイギリスのクローズドなD論審査とはだいぶ違って、どちらかというとイタリアの審査に近いです。また、それなりにフォーマルなので、「ジーンズにTシャツ」みたいな服装は避けたほうが良いとのことでした。考えた末当日はノーネクタイのスーツという格好で行きましたが、これは概ね合ったいたようです。

審査の一ヶ月前に、学生からD論のPDFコピーが送られてきました。これを読んで審査する、というのはまあどこの国でも同じでしょう。希望者には紙のコピーも配ります、とメールには書いてあったのですが、スペインからイタリアへモノを郵送するとどれくらいかかるかわからないので、こちら側で勝手に印刷して簡易製本して読みました。

マドリードに行くのは初めてだったので、行って、審査して、とんぼ返り、みたいな感じではもったいないと思って、研究と観光合わせて4泊することにしました。審査の前日の午前中に僕を呼んでくれた教官の人と議論したのですが、その人は僕のイリノイ時代の研究について結構詳しく勉強したことがあったようで、その時の研究についていろいろと話しました。というか、僕のイリノイ時代のかなりテクニカルな研究をそこまでフォローしている研究者に初めて会ったのですごく嬉しかったです。なんだ、僕の論文もわかる人が読めばちゃんとわかるんだなあ、と感激しました。夜は、そのマドリードの教官と、フランスCNRSの共同研究者と、あと翌日の審査に委員として参加する予定のマドリード自治大学の教授2人で食事をしました。スペインは食事が遅いようで、午後8:30からレストランに予約していたのですが、午後8:30というのはそのレストランの夕食の開店時間でした。ちなみに、午後8:30に開店するのはなかなか早いようです。

さあ、翌日の審査です。非常に注意深くこのブログをここまで読んだ読者は、審査委員5人のうち1人まだ登場していないことに気づきますが、そのもう1人の審査委員はマドリードの別の研究機関の研究者で、僕は審査当日に初めて会いました。まあとにかく5人の審査委員があつまり、委員長が事前の説明をします。印象的だったポイントは、D論審査はあくまで試験なので、学生の発表後に拍手などはしない、ということです。あと、D論審査には評価がつくようです。評価というのは、日本語でいうと「優・良・可・不可」みたいな感じです。評価というからには何らかの基準が必要ですが、どうやら最近はほとんど「優」が与えられる、とのことでした。説明をしてくれた審査委員長はたぶん70歳くらいですが、彼のキャリアの中で「優」以外が与えられたD論は確か5つくらいしかなかった、とのことです。しかし、この評価とは別に「cum laude」かどうか、というもう一段階別の評価があります。この「cum laude」は、特別優秀、というのを意味しますが、マドリード自治大学では80%以上の学生がこれを取得する、とのことです。

こんな説明を受けた後は、D論審査の部屋に行きます。そこには学生が発表の準備をして待っていました。審査委員5人はなぜか一段高い場所に座って発表を聞きます。まずは確か40分くらい学生が説明をし、審査委員は質問をはさまずじっと聞いています。発表が終わってからは審査委員の質問タイムです。いくらでも質問していいし、指導教官も事前に「容赦なく質問して」と言っていたのですが、まあだいたい一人当たり10〜15分くらいで、5人合わせて一時間くらい質問があったように思います。ちなみに、発表も質問も全て英語です。質問タイムが終わったら、審査委員以外は部屋を退出して、審査委員が部屋の中で話し合います。先述の通り「優・良・可・不可」と「cum laude」かどうか、を話し合うのですが、「優・良・可・不可」と「cum laude」の決定的な違いは、前者は審査委員5人すべての明確な合意で決定するけれど、後者は審査委員の覆面投票で決定するということです。どういうことかというと、「優・良・可・不可」は審査委員が「ではみなさん、優ということでよろしいでしょうか」「よろしい!」「賛成!」みたいな感じで決定するんだけれど、「cum laude」に関しては一人一人が紙にcum laudeを与えるかどうかを書き、それを他の人には見えないように箱に入れ、その箱を後日開封して全員がcum laudeに賛成だった場合はcum laudeが与えられ、もし1人でも反対がいた場合cum laudeは与えられない、ということでした。そういえば、まだ後日の開封結果を聞いていないので、彼にcum laudeが与えられたかどうかは知りません。

こんなことを一通り話し終わった後、学生が部屋に招き入れられ、審査委員長が「厳正なる審査の末、あなたに博士号を優の成績で授与することが決定されました。おめでとう!」みたいなことを言ってなにか証明書みたいなのを学生に渡しました。ここでようやく拍手があったような気がします。

この後、別の部屋に学生が軽食を用意しており、それをみんなでつまみました。軽食の後は、審査委員の5人+学生+学生の指導教官の7人で近くにフォーマルなランチを食べに行きます。長いランチが終わったのはだいたい4時くらいだったかな。D論審査及びそれに付随したイベントはこれでだいたい終わりです。夕食は学生と学生の友人たちに混じって行きましたが、これは審査委員としてというよりも、1人の友人として行ったという感覚です。しかし、この日はだいたい一日中なにか食べていたような感じです。

マドリードは面白かった。食べ物は美味しいし、街は活気があるし、楽しかった。そのうちまた行ってみたい。
[PR]