<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アメリカでは講義の評価のために学生にアンケートを取りますが(まあ、日本でもありますが)、以前イリノイ大学のある物性の教授がその授業評価アンケートで学生に「この教授は教え方がひどいし、そもそも固体物理が全く分かっていない」と書かれたそうです。その教授とはJohn Bardeenでした、というお話。
[PR]
今日は旧正月で、中国その他の国々では大きな祝日のようですが、僕にとってはただの月曜日です。

最高気温2℃最低気温-4℃だったのだけれど、半袖半ズボンで外を歩いている人を見ました。すごい。こういう人がいたから15000年前に陸続きだったベーリング海峡を人類は渡ることができたのかなあと思いました。

友人からたまたま借りたカーネギー『人を動かす』を読みました。70年以上昔の本。たかが自己啓発本と侮っていたが、大間違い。こんなに良い本はなかなかない。タイトルは「人を動かす」だけれど、内容はどのように自分を変えるかということ。書いてあることはよく考えれば全て当たり前のことなんだけれど、それらを多くの例に裏打ちさせて明確に言葉に表しているのが素晴らしい。

同僚のアメリカ人は敬虔な正教徒で、彼とはよくキリスト教について話します。先日「人類が救われるためになぜキリストは死ななければならなかったのか」について話していたのだけれど、今日彼から4世紀キリスト教の教父アタナシウスの書いた『On the incarnation』の英訳本をもらいました。この本になぜキリストが死ぬことが必要だったのかがそこそこわかりやすく書いているのだそうです。これは面白そうな本をもらってしまった。
[PR]
明けましておめでとうございます。

昨年は、いろいろありました。みなさまにもいろいろとお世話になりました。

年末は、いろいろなところに行きました。とは言っても全部イリノイ州およびその近傍ですが。クリスマスにはSt. Louisへ行きました。St. Louisから帰ってきてから帽子を無くしてきたことに気づき、St. Louis滞在中に立ち寄ったところに電話をかけたりメールをしたりしたところ、ゲートウェイ・アーチ(という中を昇れる大きな放物線のようなオブジェクトがSt. Louisにはあるんですが)のある国立公園の遺失物取扱所にあることが判明し、送ってもらって無事返ってきました。その公園の親切に感動しました。そして、クリスマス後に日帰りでSpringfieldへ。リンカーンが生涯の長い時間を過ごしたことで知られる町で、以前も行ったことがあるので二回目です。リンカーンの家にも行ってきました。年越しはChicago。旧シアーズタワー(現ウィリスタワー)に登ろうと思うも、曇っていたり風が強すぎたりで結局登らず。展望台に新設されたらしいガラスのテラスにはまだ行ったことがないのでいつか行けるといいな。Chicagoの帰りには日系スーパーのミツワに。日本の食材や本を買いました。まだ学期は始まっていないけれど、1/3からアメリカは通常営業状態に入ります。1/3から二週間大学がやっているイタリア語の冬期集中講座に通っています。一日三時間で、授業の最初と最後以外は先生はずっとイタリア語で説明しているので最初はどうなることかと思ったけれど、なんだか意外とわかるものです。

ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]