<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シャンペーン内の多数の中華料理屋及びその他のレストランで使える中国人向けのディスカウントカードの今年度版を手に入れました。早速近所の中華料理屋で使ってみたところ、ディスカウントカードを見せたとたんに会話が中国語になりました。
[PR]
先週土曜日は一年以上ぶりにシャンペーンでチェスの公式戦があって参加してきました。持ち時間は各75分(一手毎に5秒の遅延あり)で、4試合あったのでほぼ一日がかりです。こんなに長い持ち時間の試合をやったのは生まれて初めてでした。最近の不勉強もあって散々な結果(1勝2敗1分)だったけれど、面白かった。15分やそこらの短い時間のゲームよりも長い時間がある方がゲームに没頭できてなんだか楽しいな。去年3試合、先週4試合の計7試合しか公式戦には参加していないから正確ではないけれど、今のところ僕のUSCF(アメリカチェス連盟)仮レーティングは989。チェスを知っている人はこの数字がいかに低いのかということがわかると思う。レーティング500の子に負けたり700の子に引き分けたりしていると、こんな数字になります。コンピュータをマックにしてから良いチェスのソフトがまだ見つかっておらず、それだからというわけではないけれど、最近怠けていたのはよくなかった。でもこの長い持ち時間の試合のおかげで、チェスの楽しさがまた少しわかった気がしました。
以下、どうでもいい覚え書き。一試合目の相手は結局全勝優勝したインド系の子。Marshall Attackを見事に決められ、どちらかと言えばこちらが自滅。二試合目は白番でフレンチのクラシカル。1ポーンアップのエンドゲームに持ち込めたんだけれど、なぜか逆転負け。これは後で考察する必要がある。三試合目は黒番でシシリアン・ドラゴン。微妙なエンドゲームになり、結局ドロー。実に微妙だった。4試合目は黒番でクローズド・シシリアン。最後は相手のミスで勝ち。最初の試合以外はエンドゲームまで試合の行方がわからなかったのが印象的でした。終盤をもっと勉強しようと思いました。
[PR]