<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

リンカーンが弁護士時代の大半を過ごしたイリノイ州のSpringfieldへ日帰りで観光に行ってきました。Champaignの隣町で、車で一時間半くらいです。一応イリノイ州の州都なんだけれど、人口10万人くらいの小さな町で、町の主要産業はリンカーン関係の観光ではないかと思うくらい町中がリンカーンであふれていました。銅像とか、リンカーンに縁のある場所とかがいたるところにありました。リンカーンの家にも行ってきました。リンカーンの息子さんが国(州?)に家を寄付したときの条件に有料での公開は行わないことというのがあったらしく、無料で中を見て回るツアーがありました。ツアーのガイドさんがリンカーンがいかに金銭的に豊かだったのかを強調していて随分と的外れなガイドさんだと思いました。(この素晴らしい壁紙はなかなか普通の人には買えない、とか、リンカーンはメイドさんにこんなに給料を払っていた、とか、このおもちゃはこんなに高価なものなんです、などなど。別にカーネギーとかロックフェラーの家を訪れているわけじゃないんだけど。)近くにあるリンカーン博物館は無駄に(?)いろいろな趣向をこらしてあってなかなか楽しめました。小さな町なので半日歩き回ったら町の主要な観光スポットは見尽くせました。
[PR]
結局ストは二日で終わりました。
大学側はどうやら組合の要求を呑んだらしい。

今日、中国人と論語について話していて、"君子"はどうやって英語に訳したらいいんだろうかという話になった。

今週末から一週間Thanksgiving休暇です。どうやらボスは昨日(木曜)すでにデンマークに飛んで一足先に休暇に入っていたようです。そうとは知らなかった僕は昨日と今日オフィスに出かけて「ボス、来ないなあ」なんて思いつつ研究を進めていたわけだけど。

この休暇中にやらなければいけないことはTAをやっているクラスの宿題の採点(丸一日で終わるはず)と、今学期取っているクラスの宿題(そう、まだクラスを取っているのです!これも丸一日で終わってほしい。)。あとは特に何もないので、一日くらいはシカゴに出かけて買い物なんかしてみようかと思っています。
[PR]
どうやらストは決行されたようです。
でも、今日の午前中は少し用事があって大学に出たのは午後からだったので(かどうかわからないけど)ストの雰囲気は微塵も感じられず通常通りの物理学科でした。
一応ボスから「スト中なの?」と聞かれたけど「いえ、別に」と答えておきました。
スト、意外とあっけなかったなあ。
[PR]
事業仕分けのワーキンググループの録音を聞いてみました。若手科学者に関するものと、外国人研究者招聘に関するもの。

重要な事柄が簡単に決まってしまうものなんですね。それにしても民主党議員はまだ野党的態度が抜けていないなあ。科学者になんの恨みがあるのかわからないけど、相手を馬鹿にしたような話し方をするのは聞いていて恥ずかしい。

研究のレベルが高ければ待遇が悪くても外国から優秀な研究者はどんどんくるはずだ、って意見を本気で言っている人がいたようで驚いた。
[PR]
日本の大学院生の間では事業仕分けに高い関心が集まっているようですね。しかしSPring-8の予算まで削られていたのには驚いた。

こちらアメリカの状況もそんなに楽観できるものではなく、物理学科では大学院生の数を減らして学部生の数を増やして採算を取ろうとしているようです。(大学院生に対しては給料を払わなくてはならないのに対して、学部生は授業料を払ってくれる。)おかげでTA一人当たりの仕事が以前に比べて格段に増えているようです。僕が今学期やっているのは大学院生向けの量子力学の講義のTAだけれど、同じ講義に去年は二人TAがついていたことを考えると仕事量は倍になっているのかもしれない。(でも、僕の仕事量はせいぜい週に1日程度なので、幸いたいしたことはない。というか、週に一日仕事をしたら暮らしていけるんだから楽なものだと思う。)

しかし最近、大学院生の労働組合が契約の更新に関して大学側ともめていて、来週にはストライキに入るかもしれないらしい。いったい組合は現在の待遇のどこに不満があるのかわからないけれど、ストライキに入ったらそれはそれで面白いかもしれない。せっかくだからストに入ってほしい。ピケとか見てみたいな。でも僕を含めて物理学科のほとんどの学生はなんで組合がストを始めようとしているのかわかっていないので、野次馬的な興味なんだけれど。

話は変わるけれど、映画『Where the Wild Things Are』(『かいじゅうたちのいるところ』)を観てきました。子供向けの映画のはずなのに微妙にシュールで非常に面白かった。
[PR]
いまだにHamiltonianという単語をうまく発音できない。
[PR]
先日C++で500行くらいのコードを書いてやっていた計算が、Mathematicaでやれば5行で済むということに気づきました。
[PR]
映画『Astro Boy』を観てきました。鉄腕アトムのリメイク。日本では3週間くらい前から公開されているようですね。(邦題『ATOM』)
この映画はどうなんだろう。アメリカ的過ぎてあまり好きになれなかった。でも、ラストシーンは秀逸だと思いました。手塚治虫さんが見たらどう思うんだろうか。
[PR]