短い更新

セルビア語のアルファベットにはћが含まれていることを知りました。

シャンペーン空港からいつの間にかデルタ航空(旧ノースウエスト)の定期便がなくなっていることに気づきました。いつも日本に帰るときに使っていたルートだったので、残念。シャンペーン空港からの定期便はついにアメリカン航空だけになってしまったようです。

ガウスが高速フーリエ変換を発見していたということを聞いてガウスの伝記が読みたくなってしまった。できれば式を使ってガウスの広範な業績を説明してくれるような本が読みたい。和書は整数論に焦点をあてた本は出ているようだけれど、幾何や代数も含めて解説してくれているような本は見あたらないなあ。洋書もぱっとしたのが見つからない。僕が何度思い出してもガウスのおそろしさを感じるのは、世界が非ユークリッド幾何に従っているのかどうかを調べるために山に登って三角測量をしたという逸話。

一応洋書で定評のある"Gauss, Titan of Science"というガウスの伝記を図書館から借りてきてみました。残念ながら式がないのでいまいち何が起こっているのかわかりにくい本です。あと、書き方がドライすぎて読んでいて全く面白くないのが難点。また、1955年の古い本なので1965年に(再?)発見された高速フーリエ変換については載っているはずもありません。非ユークリッド幾何のチャプターをざっと流して読んでみたけれど、山に登って測量した話は載っておらず。本当にガウスが山に登って世界が非ユークリッドかどうか調べたのか疑問に思えてきた。
[PR]
by t_oz | 2011-02-10 04:32 | Comments(0)